動画サイトschoo

動画サイトschoo

こんにちは。
久々の更新です。

デザインが勉強したいと考えています。

最近は、通勤の電車に乗っている時間が長いので、
オンライン学習サイト「schoo」のレッスン動画を見始めました。

https://schoo.jp/

健康とかマネーとかいろいろなジャンルの動画があるのですが、
その中でWebデザインというカテゴリーがあり、コーディングやデザインに関する幅広い知識が学べます。

すでに視聴したのは、
●「Webのためのグラフィックデザイン」
●「グラフィックデザインを重視したランディングページの作り方」
です。

その中で印象に残っていることは、
○センスがない人もロジックでカバーしてセンスを磨け。
○Webサイトを見て欲しいターゲットの住んでいそうな部屋の雰囲気のサイトにすると、その層に親しみを持ってもらえる。
○フォント選びが大事。歴史を知る。文字間や行間に気をつける。タイトルなどの文字が画像だったらカーニングに気を使う。
○スマホの画像はSVGで。(早速1回業務で試してみました!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○LPはチラシ、Webサイトはカタログ。チラシはとにかくお客さんの購買意欲を高める。説得する→資料請求・会員登録・購入などゴールとなるアクションを起こさせる。
○バナーとの一貫性を持たせる。期待してアクセスしてきた人のその期待に答える内容とさらに説得させる材料を持たせる。
○とにかく真似するのが上達方法。トレース。
○画像や素材がよくないときは、背景に凝る。素材をサンプルで置いて、買ってもらうよう促す。


先日、Web制作の訓練校で一緒に学んだDTPデザイナー出身の方と久々にご飯を食べた時も、デザインではフォントがめちゃめちゃ大事と言われました。
フォントのお勉強がしたいです。
まずは、
タイポグラフィの基本ルール」大崎 善治 (著)
を読もうと思います。

そして、デザインのロジックを学ぶとともに、良いと言われているものをトレースすること、実際に手を動かすことが大事だと言われました(例えば、これだけ文字の大きさの差があるんだ、とか実感できるため)。
7日間でマスターするレイアウト基礎講座」内田 広由紀  (著)
上記の書籍でレイアウトの基礎のロジックをマスターしたいです。

とはいえ、コーディングも学びたく、JavaScript遣いになって、動きのあるダイナミックなサイトを作りたい。
JavaScriptコードレシピ集」池田 泰延 (著), 鹿野 壮  (著)
上記の本まで欲張って買ってしまいました… !!

参考書ばかり増えて、全然読むのがおっつかないし、
手を動かさないのでは身にならないですね^^;
あか〜ん。
手を動かすべし…!